保育士辞めたい?その前にセンパイに聞いてみて

センパイ!保育士やめたいんですけど

給料・昇給

知っておかないと損をする!保育士のボーナスの平均

更新日:

皆が楽しみにしているもの、それは「ボーナス」です。
今年のボーナスは一体いくらぐらいかな?
貰ったら何に使おうかな?

と、ホクホクしてしまうものですよね。
保育士さんもボーナスを貰える職場がほとんどです。

でも、このボーナス、実は働く環境によっては大きく違ってくるって御存知でしたか?
ではでは!保育士さんは一体いくらぐらいボーナスを貰っているのかご紹介します。

保育士さんのボーナスはいくら貰ってる?

保育士,ボーナス,賞与

保育士の処遇改善が叫ばれています。
お給料は労働内容に対して少ない、ということで、もしかしてもしかすると賞与も少ないんじゃないか?と心配している人も多いと思います。

保育士さんの平均賞与は、平成27年度は60.3万円です。
これは厚生労働省がまとめた「賃金構造基本統計調査」によるものです。

ここには公立保育園で働いているベテラン保育士さんの分も含まれていれば新人保育士のボーナスも一緒になっていますので、皆が必ず60万円程度貰えるかと言うとそうではありません。
どうしてボーナスに開きがあるのかと言うと、これは勤めている施設形態によってボーナスの金額が変わってくる傾向にあるからなんですね。

いちか
では、一体どこがどのくらい貰えているのか詳しく見ていきましょう。

保育士さんのボーナスの実態!施設別に比較してみました

保育士さんが活躍する職場は保育園だけではありません。
最近では、企業内保育所なども増えてきているので、働き方だってたくさんです。

そこで一覧にしてみました。

施設名 平均賞与(月) 平均賞与額
公立保育園 3.6 661625円
認定こども園 2.9 526357円
院内保育 2.7 501613円
私立認可保育園
(社会福祉法人)
2.6 473728円
私立認可保育園
(株式会社)
2.1 382769円
企業内保育 1.6 291627円
認可外保育園 1.5

270873円

このようになっています。
もちろん平均ですが、群を抜いて公立保育園の賞与が一番ですね。

これは、やはり公務員という職種なので、賞与が高い傾向にあります。
ですが、働く場所や経営様態によっては公立の保育園より大幅に多い賞与を貰える場合もあります。

そして気になる他の職種との比較ですが、全企業の平均は89.2万円という統計があり、それに比べると保育士さんの賞与は少ないですね。
しかし、女性が多く就業している職種に限っての平均を見てみると、保育士さんの賞与の平均は上位5位までに入る結果となり、働く女性の中で賞与はそこまで低くない傾向にあります。

保育士のボーナスUPはできる?

賞与というのは月給のように必ず貰えるものではありません。
しかし、薄給である保育士さんにとって賞与というのは、自分が働いていく上でモチベーションを高めるための1つの手段とも言えるでしょう。

よしこ
貰えれば嬉しいし、貰えないとなんとなくガッカリするわよね。

そんな賞与ですが、もちろんボーナスUPは期待できます。
働き方にもよるでしょうが、公立保育園に勤務しているのなら、勤続年数が上がっていくごとに賞与も増えていきます。

役職(主任など)がつくとその分賞与も上乗せされていくことでしょう。

私立保育園になると賞与のUPというのは、なかなか難しいかもしれません。
経営状態もありますし、何年働いても同じ賞与ということもあります。

いちか
何せ、賞与の計算をする時の元となる月給が変わらないのですから賞与もUPするのは難しいでしょう。

貰えるとは限らない賞与だからこそ大切に

保育士,ボーナス,賞与

もし、あなたが今貰っている賞与に不満があるとします。
そんな時はどうしますか?

園長先生や施設長に直談判に行く?

それは賢明ではありませんね。
なぜなら賞与は「あげる義務のないもの」だからです。

施設長や園長先生の判断で、今年の賞与はなしにしよう!と決めることのできる報酬です。
現場で働いている保育士さんのことを思うことができる施設長や園長先生なら賞与なしということはしないと思います。

しかし、それでも経営状態が悪く、やっと賞与を出せると言う保育施設も存在します。
なのにあなたが「賞与が少なすぎる!」と詰め寄ってくるとどう思うでしょうか?

いい気持ちはしませんよね。
中には意地悪で、あなただけ賞与なしにされるなんていうこともあり得るんですよ。

いちか
お金に関することで直談判はあまり良いことにならないというのが現実です。

ボーナスに不満がある時の解決法!

それでも毎日毎日、身を粉にして働いているのに、「たったこれだけ・・・。」と思うこともあります。
そんな時の解決法が確かにあります。

いちか
それは「転職」です。

施設別の平均賞与でも言いましたように、同じ「保育士」でも賞与が月給の4カ月分くれるという保育園は確かに存在します。
最近の転職で人気の高い院内保育や、小規模保育園でも経営状態の良いところは、満足のいく額の賞与を頂けるところもあるんですよ。

我慢せず、あなたの年収UPのためにも変化しにくい月給より賞与面からアプローチしてみるというのはどうでしょうか?
でも、どこの施設が賞与が多いのか分からない、そんな時は保育士専門の転職サイトに相談です。

専任のコンサルタントさんがついてくれて、一体どこの施設が賞与をたくさんくれるのか?
また、不満な場合にはコンサルタントさんが処遇面の交渉もしてくれるのでトラブルも少ないですよ。

是非、登録してあなたの勤めやすい保育園を見つけてくださいね。


-給料・昇給

Copyright© センパイ!保育士やめたいんですけど , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.