保育士辞めたい?その前にセンパイに聞いてみて

センパイ!保育士やめたいんですけど

転職・復職のコツ

無資格でも可!保育補助の仕事内容と最短で求人がある保育園を探す方法

更新日:

保育士になりたい!と思っている皆さん、大丈夫ですよ。
何が大丈夫なのかというと、誰でも保育士として働くことはできるからです。

そんなの保育士資格を持っている人だけでしょ?と思うかもしれません。

しかし保育士不足の今、保育士資格を持っていなくても保育施設で働くことはできるんです。

保育士資格がなくても保育現場で働く方法

保育士資格は国家資格です。
なので、保育士資格を取得するには試験を受け、厚生労働大臣から認定してもらわなくてはなりません。

保育士資格の取得方法につきましてはこちらの記事でご紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

資格取得以外にも、実は無資格の人でも保育の現場で働けます。
その働き方というのは「保育補助」です。

では、保育補助とは一体どんな業務内容なのか、更に詳しくご紹介します。

主婦,保育士,就職,保育補助,保育士資格,受験方法

保育補助という働き方

保育補助とは保育士の側で保育を支える人のことを言います。
もちろん保育士資格を必要としない働き方です。

保育補助でできること

  • 保育園や保育所、託児所などで働ける
  • 保育全般の業務(食事の補助、毎日の生活の補助など)
  • 保育業務に関わる準備や片付け
  • 登園や降園時の保護者対応

保育補助ではできないこと

  • 保育内容の決定
  • 書類の作成

このように、保育補助は保育士の「補助」をするという立場なので、基本的に保育士の支持を受けて仕事をします。
勤務する施設の状態などによって求められることは変わってきます。

例えば、保育士の数が少ない保育施設では保育士と同等の仕事内容を求められます。
オムツ替えや園児と遊んだり、散歩の付き添いなどもあるかもしれません。

こういった仕事内容がハードだと感じてしまう場合もあるでしょう。

また逆に保育士の数が多い保育施設では短時間勤務を選択することもできます。
しかし保育補助なのでクラス担任の補助ということではなく、片付けや掃除などばかりが仕事内容になるということもあります。

子どもと関わる仕事をしたいと思っていたのに、掃除と洗濯ばかり!と思ってしまう人もいるでしょう。
保育補助という働き方はとても簡単に働き始めることができますが、メリットとデメリットもあります。

保育補助のメリット・デメリット

どんな人でも次の日からすぐに働ける保育補助ですが、そこにはメリットとデメリットがありますので、しっかり確認して下さい。

保育補助のメリット

主婦,保育士,就職,保育補助,保育士資格,受験方法

まずは、メリットです。
全ての保育施設に適応するということはありません。

しかし、こういったメリットを含んでいるということをしっかりと確認して下さい。

  • 短時間勤務を選択できる
  • 責任が少ない
  • 書類などのデスクワークが少ない
  • 保育士と同様に子どもと関わって仕事をすることができる

 

保育士の側で仕事を見ることができ、子どもとの関わり方を学ぶことができます。
また、保護者からしてみればどの先生が保育士さんで、保育補助は誰か?なんていうことは分かりません。

一律で「先生」なのです。
モンスターペアレンツなどのイメージもあるかもしれません。

確かに保護者の中には面倒くさい人もいます。
しかし、仕事をしていて忙しくしている保護者からは感謝されます。

やりがいの大きな仕事方法ではないでしょうか。

保育補助のデメリット

主婦,保育士,就職,保育補助,保育士資格,受験方法

では、反対にデメリットをご紹介します。

  • 仕事内容が自分のしたくない仕事であることが多い
  • 労働環境によっては負担が大きい
  • 保育士に比べると賃金が安い

 

仕事内容は保育士と変わりないのに賃金が安いと思うのは大きなデメリットです。
他にも、やはり保育補助なので掃除や片付けが中心となり期待を持って始めた仕事にしてはやりがいを感じられない人もいるかもしれません。

実は有意義な保育補助という仕事

保育補助という仕事は実は将来的にあなたの資格取得などに大きく役立つ時が来ます。
保育士資格を取得するには受験しなくてはいけません。

しかし、その前に、受験資格を有していないと受けることもできないのです。
詳しいことはこちらの記事で書いていますが、基本的に実務経験が一定時間以上あれば保育士資格の受験をすることができます。

保育士養成校などに行くと保育実習などがありますのでそれでできますが、学校に通う時間のない忙しい人にしてみれば保育補助として実務経験の時間を稼ぐことができるのです。

主婦でももちろんすぐに保育現場で働くことができる、と書きましたが、それはやはり一時的なものです。
保育の現場で長く働きたいと思うのなら『保育補助』という働き方を足がかりに保育士資格の取得を強くお勧めします。

保育士資格の取得方法につきましてはこちらの記事でどうぞ。

また、保育補助としての良い勤務地を探すには「保育士専門転職サイト」への登録が不可欠です。
保育士専門と書いていますが、もちろん保育補助の求人もあります。

登録には保育士資格など必要ありません。
もちろん無料です。

様々なサービスを賢く使って是非有意義な『保育補助体験』をして下さいね。

業界最大規模の求人数!年収UP率の高さも評判の「保育士バンク」

業界最大規模という看板を掲げているだけあって、求人数がけた違いです。
更に、登録すると見られる【非公開求人】もあり、その中には「保育バンク」だけに載せている限定求人があるのも魅力の1つですね。
※学生(新卒)の方は対象外となります

登録方法 サイト登録のみ
求人数 非公開(業界最大級)
職種 保育士・幼稚園教諭
施設 保育園・幼稚園など多数
雇用形態 正社員・非常勤・パート
対応地域 全国

厚生労働省に認可を受けたサイトですので、保育園との結び付きも深く、良質な情報をたくさん貰えるサイトさんです。コンサルタントさんは子育て中の方が多いので、あなたの気持ちをしっかり理解してくれます。

転職先を探すところから、実際に内定が決まるまで、本当に手厚くサポートしてくれる安心できるサイトさんです。

-転職・復職のコツ

Copyright© センパイ!保育士やめたいんですけど , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.